MENU

妊娠初期は葉酸サプリと鉄分サプリどっちを飲むべき?併用しても大丈夫?

葉酸と鉄分は妊娠中の女性に不足しがちな2大成分で、不足分をしっかりと補うことが胎児の成長と母体の安全のために重要です。どちらも、体内で吸収されにくい成分のため、意識して摂取する必要があります。食事だけで必要量をすべてまかなうのは至難の業のため手軽で便利なサプリメントを取り入れる方も多いです。

そこで多くの妊婦さんが疑問に思っているのが「葉酸サプリ」と「鉄分サプリ」のどっちを飲むべき?併用しても飲み合わせの心配はない?この2点です。

実際に私も妊娠初期には、自分が口にしたものがへその緒から直接赤ちゃんに吸収されるので、とても神経質になりました。同じような方の不安解消になるようにこのページでは鉄分サプリと葉酸サプリの違いから併用に関する情報まで詳しく解説していきます。

鉄分サプリと葉酸サプリの違いって?

鉄分と葉酸はそれぞれ妊娠中に必須の成分ですが、それぞれに違った効果があります。

葉酸の働きや効果とは?

葉酸は、「血をつくるビタミン」とも呼ばれる水溶性のビタミンです。

妊娠初期に摂取することで胎児の神経管閉鎖障害の発症を防ぐ重要な働きをします。厚生労働省でも妊娠初期の葉酸の摂取を推奨しており、妊娠し産婦人科を受診した際に医師より葉酸摂取について説明されることも多くあります。

胎児の成長以外にも、神経を穏やかに整え、ストレスを軽減する作用からマタニティーブルーの防止にもなります。妊娠中毒症、貧血の改善等の効果も期待できます。
通常時の摂取量が240μgなのに対して妊娠中は約2倍の480μgが必要です。多くの葉酸サプリの一日の葉酸摂取量が400μg前後に設定されているのはこのためです。妊娠初期には400μgに合わせて、さらに通常の食事からの摂取分240μgが必要です。

葉酸はレバー、うなぎのきも、ほうれん草、ブロッコリー、キウイ等に多く含まれます。普段の食生活でこれらをバランスよくとり、必要量を摂取するのが理想ですが、水溶性のため加熱すると葉酸の半分近くが流出してしまうという特性があります。妊娠初期はつわりで思うように食事がとれない方も多くいます。そのため、食品に比べ吸収率が高く効率よく葉酸を摂取できる葉酸サプリを多くの妊婦さんが上手に取り入れています。

鉄分の働きや効果とは?_
妊娠中、今までなんともなかったのに貧血検査でひっかかる妊婦さんが増加します。特に妊娠中期以降には、通常時の2倍以上の鉄分が必要とされるため多くの方が貧血状態になります。母体と胎児の健康を保つために、早いうちからしっかりと鉄分を補うことを意識した食生活を心掛ける必要があります。

鉄分は、レバーや豚肉、マグロ、貝類、イワシ、ほうれん草、ひじき等に多く含まれます。鉄分の中でも肉や魚等の動物性たんぱく質に多く含まれる「ヘム鉄」が吸収がよく本来貧血気味の方にはおすすめなのですが、妊婦さんの場合は注意が必要です。

ヘム鉄が多い代表的な食材「レバー」等に含まれるビタミンAを過剰に摂取すると、胎児が奇形になるリスクがあるからです。吸収は劣りますが、ほうれん草、ひじき等植物性の食品に含まれる「非ヘム鉄」のほうが妊娠中は安全でおすすめです。

葉酸サプリと鉄分サプリを併用しても大丈夫?

葉酸サプリと鉄分サプリはいずれも「健康補助食品」つまり薬ではないため併用して副作用が起こる心配はないといえます。どちらも妊娠中の身体に必須の成分ですから不足することなく摂取したいです。とはいえ妊娠中の身体はとてもデリケートです。サプリを飲んで少しでも身体の不調を感じることがあったら主治医に相談しましょう。

妊娠中、貧血がひどくなると治療用に鉄剤を処方されることが多くあります。ところが中にはつわりや、鉄の刺激による下痢・便秘等胃腸系の副作用がひどく鉄剤を飲み続けられない方もいます。

その場合、おすすめなのが葉酸サプリで、病院で推奨されることもあります。葉酸には、血液のもととなる働きもあり、貧血の改善に作用してくれるからです。また、妊婦さんむけに開発された高品質の葉酸サプリには同時に鉄分や妊娠中に必要なミネラルの一日の必要量が含有されているのでおすすめです。

胎児の神経系の奇形防止に必須の葉酸をしっかり摂取しながら、貧血対策もできる葉酸サプリを選んで摂取するのが賢い選択といえます。

妊娠初期には葉酸を最優先に摂取することが重要!

妊娠初期に葉酸をしっかり摂取することは、赤ちゃんの先天性異常を防ぎ、栄養不足になりがちな母体の栄養素の吸収を高めてくれるのでとても重要なことです。葉酸を妊娠初期に必要量摂取することで、先天性異常(奇形)が70%以上も防げるとされています。ですから妊娠初期には葉酸の摂取は最優先にする必要があります。

鉄分不足で貧血になりがちな妊婦の貧血低減効果もありますので積極的に摂取したいです。初期つわりがひどい等で毎日の食事では補いきれない場合には、成分や製法にこだわりをもった安全性の高いサプリメントを取り入れおなかの中の大切な赤ちゃんを守ってあげましょう。