MENU

葉酸の効果を徹底特集!葉酸を正しく使って安心安全な妊娠生活を満喫!

あまり知られてはいませんが、妊娠生活に『葉酸』は欠かせない成分です。
葉酸とはどんなものなのか、葉酸の効果や摂取する重要性などを中心に、葉酸を多く含む食材などをご紹介いたします。

葉酸って一体なに?その効果や重要性とは?

葉酸とは、ビタミンB群の水に溶ける水溶性ビタミンの一種であり、緑黄色野菜や果物に多く含まれています。

葉酸という名前は、1941年にほうれん草の「葉」から発見され、ラテン語で「葉」を意味する「folium」に由来しています。

葉酸は細胞分裂とDNAの合成に関わっており、核酸(DNAなど)やチミンの合成の補酵素として重要な役割を果たしています。これはどういったことかというと、『細胞の再生を助ける』、『赤血球の細胞の形成を助ける』、『細胞分裂が活発な胎児の発育を正常に行う』、『消化器官の粘膜及び赤血球の製造をする』といった働きをしているということです。

また、葉酸の効果として現在明らかになっているものの中で、妊婦さんに関わるものとしては、『神経管欠損症など胎児の先天性奇形の予防』、『母乳の出を良くする』、『貧血を予防する』などが挙げられます。また、その他にも、『肺ガン・直腸ガン・子宮頸ガンなどの予防』、『貧血の予防』、『動脈硬化の予防』、『虚血性心疾患の予防』などの効果があると言われています。

妊娠初期に葉酸が必要な理由とは?

では、妊娠初期になぜ葉酸が必要なのでしょうか?

これにはいくつかの理由があります。

まず、葉酸が不足すると貧血を起こしてしまうので、定期的に摂取する必要があります。妊娠初期には貧血を起こしやすいので、それを事前に防ぐためにも意識して摂取することが大切です。また、葉酸の特色として、蓄積性がないため、毎日摂取しなければ意味がありません。摂取しすぎた場合も発症する疾患はないとされているので、安心して摂りやすい成分でもあります。

また、赤ちゃんの先天性異常である『二分脊髄や脳瘤や無脳症などの神経管閉鎖障害』の発症リスクを一定数低減させることが出来ると考えられています。ただし、日本の場合、明確な疫学根拠は確立されていません。しかし、諸外国(主に欧米)での疫学研究により、方策を講じるに至っています。

神経管閉鎖障害とは、先天性の脳や脊髄の癒合不全のことを言い、二分脊髄や脳瘤や無脳症などのことを指します。

これらは厚生労働省が発表している「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報教提供の推進について」に記載されています。
このように、葉酸を摂取しないことによりリスクが生じることはありますが、摂取することでリスクが生じることはないと言えるでしょう。

葉酸はどんな食べ物に含まれているの?

普段何気なく食べている食べ物の中にも、葉酸が含まれているものはたくさんあります。

たとえば、『鶏レバー・牛レバー・豚レバーなど肉類の肝臓』や『枝豆・納豆などの豆類』、『乾燥させた青のり・素干ししたわかめなどの海藻類』、『生のほうれん草・ブロッコリー・サニーレタス・モロヘイヤ・アスパラガス・キャベツなどの野菜』、特に濃緑色野菜や葉物野菜には多く含まれています。また、『粉末の抹茶・日本茶(玉露)・せん茶の茶葉』などにも含まれています。

このように葉酸は、実にさまざまな食べ物に含まれているため、比較的簡単に葉酸の摂取をすることが出来ます。

ただし、葉酸は単体で摂ってもあまり意味がありません。なぜなら、葉酸は『ビタミンB6』・『ビタミンB12』・『ビタミンC』を摂取することにより、相互作用でその効果を発揮するからです。ですから、葉酸だけを摂取するのではなく、『ビタミンB6』・『ビタミンB12』・『ビタミンC』などが多く含まれる食べ物も意識的に同時に摂るよう心がけましょう。

葉酸を上手に取り入れて、楽しい妊娠生活を送りましょう!

葉酸は過剰摂取しても特に疾患にかかることもなく、バランスの良い食事を心がけることで簡単に食事摂ることが出来ます。葉酸を上手に取り入れて、リスクを減らし、ぜひ妊娠生活を楽しんでください。