MENU

妊娠初期の腹痛の原因は?チクチク痛む?下痢気味?流産の危険もあるの?

妊娠初期には腹痛が起こることがよくあります。その痛みには種類があり、また痛む理由や原因もさまざまです。妊娠中に腹痛を感じたら、知っておきたい改善策も一緒にご紹介いたします。

妊娠初期に起こる腹痛の症状とその原因とは?

妊娠初期によくあらわれる症状のひとつとして、腹痛があります。ですが、この腹痛にはいくつか種類があり、原因は痛み方によって異なります。

まず、下腹部痛についてですが、『下腹部を締めつけられるような痛み』や『チクチクするような痛み』の場合は、子宮を収縮させ、子宮を大きくしようとするときの痛みであり、周囲を圧迫するときに感じる痛みでもあります。これは赤ちゃんを育てるのに必要なことが体に起こって生じている痛みです。そのため、心配することはありません。また、『下腹部を引っ張られるような痛み』の場合は、子宮を支えている靭帯が引っ張られて痛んでいるので、この場合も特に心配することはありません。

その他にも、下腹部が痛む腹痛の中には、妊娠超初期の場合、受精卵が子宮に着床したことから起こる『着床痛』というものもあります。

下腹部痛には上記以外にも便秘や下痢が原因の腹痛の場合もあります。妊娠の維持に必要な『プロゲステロン(黄体ホルモン)』という女性ホルモンの一種が腸の運動を鈍らせたり、体内のホルモンバランスを崩してしまったりすることがあります。

そのため、排せつリズムが狂ってしまい、下痢をしたり、便秘になったりしてしまうのです。下痢や便秘はストレスからも引き起こされることがあるので、ストレスにも注意が必要です。

こんなときは気を付けて!流産や子宮外妊娠のリスクがある危険な痛み方

妊娠中の腹痛の多くは、妊娠したことにより引き起こされる特に問題のないものが多いです。しかし、中には流産をしてしまうような危険な腹痛もあります。

たとえば、下腹部痛でも『継続する痛み』、『ズキズキとした痛み』、『強い痛み』の場合、流産の危険性があります。また、これらの痛みと同時に『出血』や『基礎体温の低下』、『頭痛』などが出てくることが多いので、このような症状が出たときは自分で判断せずに、すぐにかかりつけの産婦人科を受診することが大切です。

また、子宮外妊娠でも下腹部が痛むことがあります。子宮外妊娠は、子宮ではなく、卵管など本来育つべき場所以外で赤ちゃんが育ってしまう妊娠のことを言います。子宮以外で大きく育つことにより、痛みが生じます。

子宮外妊娠の場合、妊娠を継続すると妊婦さんの卵管が破裂してしまうなど危険な状態になってしまうので、きちんと受診して適切な処置を受けなければなりません。

妊娠初期に起こる腹痛の改善策3点!

腹痛を改善するには、有効な3点の改善策があります。

まず1つ目は、『体を温めること』です。

これは下腹部痛に効果があります。体が冷えていると、血行が悪くなってしまいます。血行不良を改善するには、体を温めることで即効性を期待出来ます。血行不良をすぐに改善するために、ホッカイロなどを使用したくなるかもしれませんが、ホッカイロなどを使用すると血行が良くなりすぎてしまうので注意が必要です。これと同じように長く湯船につかるのも避けた方が良いとされています。適度に体を温める方法としては、『湯船につかる(ただし、長風呂は避ける)』、『体を温める食べ物を食べる』、『冷房が入っている場所では、レッグウォーマーなどを活用する』などがあります。

2つ目は『リラックスをすること』です。

下痢や便秘による腹痛は、ストレスで引き起こしてしまうことがあります。自分の好きなことをしたり、体を休めたりすることで、ストレスを上手に発散しましょう。

3つ目は『産婦人科に行くこと』です。

妊娠初期は腹痛があるものだと思って、そのまま様子を見てしまうことがあるかもしれません。しかし、下腹部痛には流産や子宮外妊娠などさまざまな危険な腹痛も存在しています。早めに対処すれば、流産を回避することが出来ることもあります。また、腹痛を抑える薬を処方してもらえることもあるので、痛みを感じたらきちんと受診することも大切です。

腹痛は身体からのサイン!見逃さないようにしましょう

このように腹痛には、妊娠したら起こってしまう特に問題のないものから、妊婦さんも赤ちゃんも危険な目に遭ってしまうものなど、さまざまな種類があります。元気な赤ちゃんを産むためにも自己判断するのではなく、産婦人科を受診することも選択肢のひとつとして考えておきましょう。