MENU

葉酸サプリの副作用について調べてみました!安全性は高いの?

葉酸は妊娠初期に摂取することで赤ちゃんの神経管閉鎖障害を防ぐとされる重要な成分のため、多くの妊婦さんが葉酸サプリを取り入れています。
そこで気になるのが葉酸サプリには副作用はないのか?本当に妊娠中に飲んでも大丈夫?などの安全性の問題です。
このページでは葉酸サプリの副作用について徹底リサーチしています。安全な葉酸サプリの選び方もご紹介していきますので、一人でも多くの方の不安解消のお役に立てれば幸いです。

葉酸サプリには副作用はあるの?

葉酸は妊娠中や妊活中積極的な摂取が推奨される、水溶性のビタミンBの1種です。水に溶けやすく、熱に弱いのに加えて、食事から摂取しても吸収率は50%ほどしかないという弱点があります。必要な量を食事のみで補うのは難しいため、サプリメントで補うことを厚生労働省も推奨しています。

葉酸サプリは副作用の報告も少なく安心して飲めるのですが、過剰摂取による副作用の報告があるため注意が必要です。

妊娠時期に一日に必要とされる葉酸量は食事から摂取する分+400μgとされているため、多くの葉酸サプリの一日の葉酸量は400μgに設定されています。この量を飲んでいる分には副作用の心配はほとんどないとされていますが、過剰摂取し一日の葉酸摂取上限値とされる1000μgを超えて摂取した場合は吐き気やむくみ、頭痛、食欲不振、かゆみ、呼吸器障害等の副作用が起こる可能性があります。

葉酸サプリは一般の食品に比べ効率よく成分が吸収されるようになっているため、一日の必要量を守り、過剰摂取にならないように注意すれば赤ちゃんの健やかな成長に働きかけてくれ副作用の心配もなくなります。

飲み忘れや体調不良で飲めなかった分を翌日まとめて飲んで一気に補う・・といった使い方は過剰摂取に繋がりますので絶対にやめましょう。

葉酸サプリの副作用の口コミや報告例をまとめてみました

実際に葉酸サプリを飲んだ人の副作用に関する口コミや報告例をまとめてみました。

まず、人気のある葉酸サプリの口コミ評判を様々な商品で調べてみましたが副作用に関するものはほとんどみつからず、つわりのきつい時期に粒の大きさや、匂いが災いして吐き気が強まったといった声はいくつかみつかりました。

先ほど過剰摂取が副作用のリスクを高めるとお話ししましたが、ネット上には、オーストラリアのアデレード大学の研究データに基づき、妊娠後期に葉酸を過剰摂取すると小児喘息を発症する確率が1.26倍になるという情報が多くみられます。

これはあくまでも妊娠後期に一日1000μg以上の葉酸を飲み続けた場合の数字です。「妊娠後期に葉酸を飲むのは危険」と誤解した情報も多くみられますが、過剰摂取をしなければ問題はありません。

葉酸の過剰摂取によって他にも「葉酸過敏症」と呼ばれる発熱・蕁麻疹・呼吸障害等がまれに発生したり、「ビタミンB12欠乏症」の診断の遅れの要因となることもあります。

ビタミンB12は、葉酸とともに血液を作る働きがありますが、ビタミンB12が原因の貧血の場合は神経にしびれ等の症状がおこります。ビタミンB12欠乏の患者が葉酸を過剰摂取すると、貧血が解消されますが、しびれだけが残り神経系の症状が悪化することもあるため注意が必要です

安心・安全な葉酸サプリを選べば副作用の心配なし!

葉酸サプリは、副作用も少なく摂取することで大切な赤ちゃんの奇形発生を防いでくれます。妊娠中でも安心して飲める、原料や製法にこだわりの高い高機能な葉酸サプリを選び、食事では補いきれない毎日の必要量をしっかり取り入れましょう。