MENU

妊娠初期から出産までに不足しがちな栄養素とは?絶対摂りたい栄養素はこれ!

妊娠初期から出産まで、妊婦さんはとても気を遣いながら生活をしていることでしょう。妊娠中にはさまざまな栄養素が必要です。また、不足してしまいがちな栄養素は上手に摂取しなければなりません。そのためには、まず妊娠したら必要な栄養素について知ることが大切です。妊娠初期から出産までに知っておくと良い栄養素についてご紹介いたします。

妊娠初期に不足しがちな栄養素と必要な栄養素とは?

妊娠すると、食事やサプリメントの摂取の可否など、さまざまな制限がありますし、つわりなどで妊娠初期に必要な栄養素が不足してしまうこともあります。お腹の赤ちゃんは、お母さんの胎盤から栄養をもらって成長するため、妊婦さんが栄養不足になってしまうと、赤ちゃんも一緒に栄養が不足してしまうという問題があります。ですから、きちんと体に必要な栄養素を摂取するよう心がけましょう。

よく妊娠初期で問題となるのが『貧血』です。貧血になってしまわないようしっかりと『鉄分』を摂取することが大切です。鉄分が豊富な小松菜やほうれん草などを食べる場合は、鉄分を吸収しやすくする『ビタミンC』と一緒に摂取するのがオススメです。

また、妊娠初期になりがちな『便秘』を解消するのにも効果的な『乳酸菌』の摂取も重要です。乳酸菌はヨーグルトなどから摂取することが可能です。また、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の発症率を下げるという検証結果もあるので、妊婦さんだけでなく、赤ちゃんにも良い影響を与えてくれます。
このように、妊娠初期に不足しがちな栄養素は食べ物からも吸収することが出来ますので、積極的に摂取しましょう。

妊娠中期から出産までに補いたい栄養素は?

妊娠初期には、妊娠によるさまざまな症状を軽減させるために必要な栄養素が多いのですが、妊娠中期から出産までに補うと良い栄養素は赤ちゃんに直接関わる栄養素が多いのが特徴です。
『カルシウム』は赤ちゃんの骨や歯を作るのに必要な栄養素です。赤ちゃんのためにもしっかりと摂取する必要があるのですが、カルシウムが不足してしまうと、出産したあとに妊婦さんが『骨粗しょう症』になってしまうことがあります。ですから、妊娠したら自分のためにもカルシウムの摂取はしっかりとしましょう。カルシウムは小魚や大豆食品などに多く含まれているので、比較的簡単に摂取することが出来ます。

また、『タンパク質』は赤ちゃんの脳や皮膚、髪の毛を作ります。もちろん、それだけでなく体の主成分ともなる栄養素ですので、栄養素の中でもとても重要なものだと言えます。タンパク質はカルシウムや鉄分の吸収を補うので、カルシウムや鉄分を含む食べ物と一緒に摂取するとなお良いでしょう。

栄養不足になるとどんなリスクがあるの? どうやって改善すればいい?

妊娠してから気を配って必要な栄養素を摂取していても、つわりなどで栄養不足になってしまうことがあります。栄養不足になると、妊婦さんには『めまい』や『疲労感』、『貧血』などの症状が出てしまいます。また、お腹の赤ちゃんにも影響があり、障害を持って生まれてしまったり、発達が遅れてしまったりすることがあります。これらの状況に陥らないようにするためにも、不足した栄養素を含んだ食べ物を上手に摂取することやサプリメントで補うことが大事です。

特に不足がちな栄養素に『葉酸』があります。葉酸は『ブロッコリー』や『ほうれん草』などの野菜、『いちご』や『キウイフルーツ』などの果物から摂取することが可能です。しかし、食べ物だけで天然の葉酸を摂取するのは難しくもあります。そのため、葉酸はサプリメントで補うと良いでしょう。

このとき注意したいのは、『天然の葉酸』の使用の有無です。葉酸サプリにはたくさんの種類がありますので、栄養不足を改善出来るだけの量が入っていて、なおかつ天然の葉酸を使用している葉酸サプリを選ぶようにしましょう。

このように、栄養が不足しても改善することは可能ですので、焦らず、適切な判断をすることが大切です。

必要な栄養素を上手に取り入れるためには

このように栄養素と一口に言っても、その種類はさまざまです。どのような栄養素が妊婦さんの体に必要なのか、また摂りすぎてはいけない栄養素にはどんなものがあるのかを知っておくことは、健康な赤ちゃんを産む第一歩になります。上手に栄養素を摂ったり、補ったりしながら、楽しい妊娠生活を送りましょう。