MENU

妊娠初期に食べてはいけないものってあるの?過剰摂取を気をつけたいものとは?

妊娠すると今までと同じ生活を送ることが出来なくなることがあります。それはお腹に赤ちゃんがいるからです。妊娠すると『煙草を吸うこと』や『アルコールやカフェインを摂取すること』などやってはならないことがあります。

また、禁止とまではいかなくても、過剰摂取すると良くない栄養素もあるので注意が必要です。妊娠生活を快適に送るためにサプリメントを活用する方法などをご紹介いたします。

妊娠初期に避けるべき食べ物とは?

妊娠初期に避けた方がよいと考えられる食べ物についてもご紹介します。

まずは、できれば妊娠中は我慢したい注意の必要な食べ物をご紹介します。
  • トキソプラズマに感染するリスクのある生肉
  • 食中毒の危険のある生の魚介類
  • サルモネラ菌に注意!生卵
  • ビタミンAの過剰摂取を招くレバーとうなぎ
  • リステリア菌を含むナチュラルチーズ
トキソプラズマに感染するリスクのある生肉
レアステーキやユッケ、レバ刺しなどの生肉には「トキソプラズマ」という寄生虫が付着している可能性があるので妊娠中は避けましょう。

トキソプラズマはすべての哺乳類や鳥類に感染する可能性があります。妊娠前に感染したことがあればすでに抗体ができているため問題ありませんが、妊娠中の女性が初感染した場合、胎盤を通して赤ちゃんも感染してしまい、脳や目に障害を生じてしまうことがあります。

トキソプラズマは67度以上の加熱によって死滅するため、お肉を食べるときはしっかりと火を通すことで感染を予防することができます。

トキソプラズマは猫の便にもいますので猫を飼っている方はトイレ掃除に気を付けましょう。土に含まれることもありますので、ガーデニングなどの際は手袋をつけましょう。

また、生肉は食中毒やサルモネラ菌付着のリスクもありますので、その点でも摂取を避けた方が無難です。
食中毒の危険のある生の魚介類
妊娠中は免疫力が落ちているため、普段なら問題のない食べ物でも食中毒にかかるリスクが高くなります。

刺身などの生魚や生の貝類は新鮮なものでないと食中毒を起こす危険性があります。

食中毒にかかった場合、胎児に直接影響がでるわけではありませんが、激しい嘔吐や下痢を繰り返すと腸管が激しく蠕動し子宮が収縮するため流産につながる可能性もあります。

リスクを考慮すると加熱してから食べるのがベストですが、どうしてもお寿司などを食べたい場合は、鮮度に関して安心できるものを選びましょう。

また、わさびやしょうがには殺菌作用がありますので一緒に食べるのもおすすめです。
サルモネラ菌に注意!生卵
卵の殻にはサルモネラ菌が付着していることがあります。卵を生で食べると、殻に付着したサルモネラ菌に感染するリスクがあります。

特に洗浄がじゅうぶんでない卵に付着している確率が高く、サルモネラ菌に感染すると激しい嘔吐や下痢、発熱などの症状が出ます。

サルモネラ菌感染も胎児に直接影響があるわけではありませんが、母体の激しい嘔吐や下痢や続くと流産の危険性があります。

サルモネラ菌は生の豆類のスプラウトにも付着している可能性があります。

卵やスプラウトを食べる際はよく加熱調理することで感染を防ぐことができます。また、調理の際にはこまめに手を洗いキッチンを清潔に保つことも有効です。
ビタミンAの過剰摂取を招くレバーとうなぎ
意外ですがレバーやうなぎも妊娠初期は避けた方が良いとされる食品です。

「貧血対策にレバーを毎日食べよう」と考える方もいるかもしれませんが、豊富な栄養素を含むレバーやうなぎにはビタミンAもたくさん含まれています。特に妊娠初期における動物性ビタミンAの過剰摂取は注意が必要です。

動物性食材に含まれるレチノールというビタミンAは過剰に摂取すると「口唇列・口蓋裂」「水頭症」など胎児の深刻な奇形を招くリスクがあります。

毎日大量に食べなければ問題ないという考えもありますが、「過剰摂取」の基準もあいまいですので妊娠初期はなるべく避けましょう。

なお、ビタミンAは胎児の器官や臓器の形成に重要な役割を担っており、摂取不足も成長不足を招いてしまいます。

植物由来のビタミンAは過剰摂取の心配がありませんので積極的に摂取しましょう。モロヘイヤ、にんじん、小松菜、春菊、ほうれん草などの緑黄色野菜がおすすめです。
リステリア菌を含むナチュラルチーズ
加熱殺菌をしていないナチュラルチーズには「リステリア菌」が含まれています。

妊婦さんは、妊娠していない人と比較すると約20倍も感染しやすいと言われている菌で、ナチュラルチーズ以外にも生ハムやスモークサーモン、パテなどにも含まれます。

母体がリステリア菌に感染すると胎児にも感染する可能性があります。

感染すると流産や早産、新生児の髄膜炎や敗血症を招く危険があります。

ただし、もし母体が感染してしまっても早めに抗生物質で治療を行えば胎児への感染を防ぐことができますので、これらの食品を食べた後に風邪に似たような症状が出た場合は早めに医療機関を受診しましょう。

リステリア菌は冷蔵庫でしっかりと保管していても増殖しますので感染を予防するためには摂取しないのが無難です。チーズが食べたくなった場合は加熱処理されているプロセスチーズであれば問題ありません。

妊娠中の過剰摂取に注意が必要な食べ物

過剰に摂取すると胎児に影響が出てしまう可能性がある食べ物は次の通りです。
  • 水銀を含む大型の魚
  • ヨウ素を含む昆布
  • ヒ素を含むひじき
水銀を含む大型の魚
食物連鎖のすえに体内に水銀を多く含むと考えられる大型の魚は量を控えめにしましょう。

メチル水銀は少しずつ体外へ排出されますので通常の食生活であれば問題ありませんが、妊娠中は胎盤を通じて胎児にもメチル水銀が送られます。

胎児は水銀を排出することができず、母体が大量に摂取すると影響を受けて脳障害などを起こすことがあります。

この脳障害は「音を聴いた際の反応が1/1000秒以下のレベルで遅れるなどの症状」があり生活に支障を来すほど重篤なものではありませんが、厚生労働省は「妊娠中のマグロの摂取量は「週に一回80グラムまでが望ましい」としています。

注意したい魚は以下の魚です。

  • キンメダイ
  • キダイ
  • クロマグロ
  • メカジキ
  • メバチマグロ
  • マッコウクジラ
  • アンコウ
妊娠中に摂取するのなら、水銀が少なくDHAを豊富に含むサバやイワシなど小魚が安心です。
ヨウ素を含む昆布
妊娠初期のヨウ素(ヨード)の過剰摂取は控えたほうが良いと言われています。

ヨウ素は昆布やわかめ、のりなどに含まれていますが、特にインスタントの昆布だしや昆布エキスなど昆布には注意しましょう。

妊娠初期にヨウ素を大量に摂取すると母体の甲状腺機能低下症や甲状腺腫を引き起こすリスクがあり、胎児もクレチン症と呼ばれる先天性甲状腺機能低下症を発症してしまうことがあります。

クレチン症は早期に発見して生まれてきた赤ちゃんに薬を与えれば問題ありませんが、発見が遅れてしまうと知的障害や成長の遅れを招いてしまうことがあります。

絶対に摂取してはいけないということではなく、毎日昆布を食べるのはやめるという程度に考えて大丈夫です。

お味噌汁の出汁を昆布でとっている方は、妊娠期間中はかつおだしなどに変えてみてはいかがでしょうか。
ヒ素を含むひじき
ひじきはカルシウムや鉄など豊富な栄養分を含んだ食品ですが、英国では2004年に「無機ヒ素を多く含むので食べないように」と定められた食材です。

日本はひじきに含まれるヒ素は微量なので問題ないとの見解を出していますが、ヒ素は猛毒であり胎盤を通じて小さな胎児へ送られると奇形や脳障害を引き起こすリスクがあると言われています。

週に2回ほどの摂取であれば全く問題ありませんが、貧血対策などに毎日食べるのはやめましょう。

このほかにも子宮収縮を招く種類もある「ハーブ類」も避けるべきとする考えもあります。

アロエには子宮収縮作用がありますので過剰に摂取しない方が良いでしょう。

アロマオイルも「妊娠中も使用OK」や「妊娠初期はNG」などと決められているようにハーブ類も薬効成分があるので調味料としての常識的な範囲内で摂取するようにしましょう。

考えすぎてストレスを溜めないこともとても大切です。

妊娠中、とりわけ胎児の重要な器官が形成される妊娠初期は口にするものに敏感になる時期です。

ご紹介した妊娠初期には避けた方が良いとされる食材はなるべく摂取しないようにしたり控えるなど、注意して食事をするようにしましょう。

とはいえ、神経質になりすぎるとストレスが溜まり、別の妊娠トラブルを引き起こすことにも繋がってしまいます。

妊娠生活を前向きに楽しみながら、すこしずつ正しい知識・必要な知識を吸収していきましょう。