MENU

妊娠初期におならが出やすいのは便秘が原因?対策はある?


妊娠後、体に様々な変化が現れます。その中でも多くのママが悩みを抱えているのがおならが出やすくなることです。

恥ずかしくて、なかなか周囲の人にも話せない悩みだからこそ、深刻な悩みになりがちです。ですが、妊娠したら急におならがよく出るようになるのは、ちゃんと理由があります。

このページでは、妊婦さんのおならの悩みにまつわる様々な情報をまとめてみました!

妊娠初期のおならの原因とは?

妊娠すると大量の女性ホルモンが分泌されて、体はお腹の赤ちゃんを守るためにたくさんの変化を起こります。

赤ちゃんに栄養をしっかりと渡すために、妊婦さんの体は栄養を溜め込んでおこうとします。そのため、消化機能が低下し、腸の働きが弱くなってガスが溜まりやすくなります。

また、つわりの影響で食事が偏りがちになると、腸内環境が悪くなってしまうことも妊娠初期に多く見られる変化のひとつです。喉越しがよいからと冷たいものばかり食べていると血行も滞り、腸の機能も低下します。そして、消化不良が原因となりお腹にまたガスが溜まります。

妊娠中は栄養だけでなく水分も赤ちゃんに優先的に回されていくので、妊婦さんの体は水分不足になりやすく便が硬くなり便秘気味になってしまいます。便が腸内に留まることでで発酵しおならの原因に繋がっていきます。

この他にも、妊娠中は赤ちゃんと子宮が大きくなるにつれ、内臓が圧迫されてきます。すると、腸などの消化器官も圧迫され機能低下を起こし便秘気味になります。そのため、ガスが溜まりやすくなり、妊娠後期にもおならがよくでる原因となります。

妊娠初期のおならが臭いのはなぜ?

妊娠中におならが臭くなる最大の原因は、便秘です。

前述の通り、妊娠中はつわりや胎児を安全に育てるための身体の配慮により便秘になりやす体質へと変化していきます。
便秘は、本来排泄される便がいつまでも腸内に取り残された状態を言います。腸内で長く発酵したうんちの臭いは想像するのも辛いほどの臭いを放っています。

この臭いがおならが臭くなる原因となっておいます。

妊娠初期のおならを我慢すると身体に悪影響はあるの?

おならは、体内に溜まった有毒ガスのようものです。おならを我慢して出すタイミングを失うと、腸内に逆流してしまいます。

あまり知られてはいないですが、腸内を逆流したおならは、大腸から小腸へ向かい、やがて腸壁から吸収されて血液中に溶け込んでいきます。血流が全身をめぐり血液が肺へ到達すると、肺から気道を伝って吐息となって体外へ排出されます。これが口臭の原因にも影響を与えているのです。

ただし、吐息となって体外へ排出されない場合もあります。

その場合は、腸へと戻っていきます。腸に戻ったおならは、最初の発生時よりも強烈な臭いを持った状態となっています。強烈な臭いを発生させているだけではなく、時には内臓を圧迫し激しい痛みを発生させることもあります。

妊娠初期の便秘の原因をさらに詳しく説明!

妊娠初期の便秘の原因は、体内環境の変化が大きく影響しております。

妊娠すると黄体ホルモンの分泌が活発になり、腸の働きを弱めるため便秘を引き起こしやすくなります。また、ホルモン分泌の変化は自立神経にも影響します。

自律神経の働きが乱れることで、血液循環や呼吸、消化器系の働きに影響が出てしまいます。特に副交感神経の機能が低下した場合、腸内運動を弱めてしまい、便秘が慢性的に起こるようになってしまいます。

妊娠初期は見た目上大きな変化を見て取れなくても、赤ちゃんと子宮は日々成長しています。

妊娠前の子宮はだいたい鶏卵くらいのサイズですが、妊娠2か月目になる頃には大きめのレモンサイズになり、3か月目になる頃には大人の握りこぶし程のサイズまで変化します。

日ごと大きくなる子宮は膀胱を圧迫し頻尿を誘発するだけでなく、直腸も圧迫され腸内の老廃物が排出されにくくなり、長時間腸内に滞ることで老廃物の水分が腸に吸収され排出されにくく便秘となります。

また、つわりにより食事が偏り不規則な食生活が定着すると、便通にも影響し慢性的な便秘へとつながります。

その上、妊婦さんの体は優先的に栄養と水分を赤ちゃんへ回すため、水分不足に陥りやすく、便がどんどん固くなり、便秘を悪化させることになります。

他にも、妊娠初期は妊婦さんの身体を安静にさせようと、脳から体を休ませるための指示が送られ眠気が増します。

そのため、体を動かす頻度も下がり運動不足に陥りやすく、血流悪化や腸への刺激が減少することで、便秘になりやすくなります。

このように、自分の身体を自分でコントロールすることが難しい妊娠初期の体調変化は、妊婦さんの焦りや不安や苛立ちにつながりストレスとなります。ストレスが増えてくると自律神経を乱すこととなり、腸内の働きを停滞させ、さらに便秘を悪化させてしまいます。

妊娠初期の便秘を放っておくとどうなる?

便秘は悪化してくると腹痛へとつながるだけでなく、腰痛も招くことになり、肌荒れにもつながります。

便秘が悪化することで、腸内に便が蓄積され腹部周辺を圧迫し、血行が悪くなります。結構が悪くなった場所には老廃物が溜まりやすく、筋肉に必要な酵素が届かなくなり、筋肉疲労から腰痛へもつながってきます。

また、体内に老廃物が多く溜まり排出されないと、肌から排出しようとすることで肌荒れが起きるようになります。

妊娠初期の便秘改善方法を紹介!

便秘の症状改善によく耳にする食物繊維や乳酸菌を積極的にとることが有効な方法の1つです。

食物繊維の多くは胃で消化されずに小腸を通り大腸まで届くため、腸内運動を活発にしてくれます。そして乳酸菌は、腸の動きを整える作用があります。

運動も有効な便秘解消法の1つです。しかし、妊娠初期に安易に運動するのはおすすめできませんので、散歩やマタニティヨガやマタニティビクスといった適度に体を動かくことで、腸の働きが活発になります。

そして、排便リズムを整えることも忘れてはいけません。

朝ゆっくりトイレに座る時間を作るなど、決まった時間やタイミングでトイレに行くことで、体に自然と便意を呼ぶリズムを作ることができます。

腸内環境が整え排便リズムを習慣化させるために、日ごろからの生活習慣の改善を意識するようにしましょう。またあまりにも便秘がひどい場合は、1人で悩まず産婦人科医へ相談するようにしましょう。

妊娠初期のおならを減らす方法とは?

消化器系の働きを整えることでおならを減らすことができます。

食物繊維や乳酸菌を積極的に摂り、適度な運動を心がけることが、腸内環境を整える有効な方法です。また、トイレなどで自然におならを出してあげるなど、我慢しない工夫も大切です。

妊娠初期のおならや便秘の解消に役立つ食事とは?

腸内には善玉菌と悪玉菌がいます。

悪玉菌が多くなると庄内環境が悪化しおならの臭いを強烈にする手伝いをします。逆に善玉菌が増えると、腸内環境が整いおならの発生も減り、臭いも減ります。
発酵食品は、腸内の善玉菌を増やす手伝いをします。納豆やみそは手軽な発酵食品として役立ちます。

食事の献立を考えるときに、食物繊維をたっぷり含むサツマイモなどのイモ類やゴボウなどの根菜類を、上手にメニューを組み立てましょう。

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があります。

不溶性食物繊維とは、腸内で水分を取り込み膨らむことで腸壁を刺激し、腸の動きを活発にしてくれる食物繊維です。不溶性食物繊維を食材としては、あずき、おから、インゲン、えんどう豆など豆類や・おから、トウモロコシや大麦・ライ麦などの穀類です。

水溶性食物繊維とは、胃や腸で吸収されず硬くなった便を柔らかくし、腸内環境を整えてくれる食物繊維です。水溶性食物繊維を含む食材としては、昆布などの海藻類、納豆や大豆などの豆類に多く含まれています。

おやつには、乳酸菌を多く含むヨーグルトやチーズなどの乳製品が役立ちます。また、善玉菌を増やすリグニンという成分が含まれるココアもおすすめです。

逆に、悪玉菌の餌となる肉類や油を多く含んだ食事は控えましょう。

水分補給の際も、炭酸飲料はゲップの素となるだけでなく、お腹に入ると炭酸ガスとなりおならの原因となりますので控えましょう。

妊娠初期のおならや便秘を緩和して、快適妊婦ライフへ!

妊婦さんを悩ませるおならと便秘。原因をしっかりと理解すれば解消方法を探すことができます。

自分に合った解消法をみつけて、無理なくリラックスして頑張りすぎないことが大切です。

無理して頑張りすぎるとストレスになり、返って症状悪化となりかねません。日頃からリラックスして、できることをできる範囲で少しずつとり入れながら、快適な妊婦ライフを過ごすことを心がけましょう。