MENU

妊娠初期におすすめのサプリや気をつけたいことまとめ!「プレママポスト」

妊娠初期の女性の身体は様々な変化が訪れ、戸惑ったり不安になったりすることが多々あります。これから生まれてくる赤ちゃんが健やかに成長するためにどんなことに気をつけたらいいか「不安で不安で仕方ない!」って方も多くいると思います。

当サイトでは、妊娠初期に是非気を付けて欲しいことや注意点、必要な栄養素やおすすめのサプリなどを詳しくご紹介しています。
・妊娠初期何を気を付けるべきなの?
・お腹の赤ちゃんのために必要な栄養素は何?
・妊娠初期に必要なサプリの種類は?どうやって選べばいいの?
・妊娠初期に葉酸が必須なのはどうして?
このような疑問のある新米妊婦さん必見の内容となっております。少しでもあなたの不安が解消しますように。

先輩ママが選んだ!妊娠初期に気をつけたいことベスト5!

妊娠すると、お腹の赤ちゃんの成長を考え、注意すべきことがたくさん出てきます。

その中でも特に妊娠初期に気を付けてほしいことベスト5をご紹介します!

------------------------------------------------
◆ベスト1  栄養不足
◆ベスト2  睡眠不足・ストレス
◆ベスト3  喫煙
◆ベスト4  飲酒
◆ベスト5  カフェイン
------------------------------------------------
◆妊娠初期に気をつけたいことベスト1「栄養不足」

 

お腹に新しい命が宿り喜んだと思ったのもつかの間、多くの妊婦さんが悪阻(つわり)に悩まされるようになります。

食の好みが変わり今まで食べていたものが食べられなくなったり、吐き気がひどくて全く食べ物を受け付けなくなってしまう妊婦さんもいます。

妊娠中は、赤ちゃんの成長や生命維持のため通常よりも多くの栄養素を必要とします。妊娠初期に葉酸が不足すると先天性疾患の原因になってしまいます。

母体の栄養が不足すると、当然赤ちゃんにも必要な栄養が行き届かなくなりますので注意が必要です。

◆妊娠初期に気をつけたいことベスト2  睡眠不足・ストレス

 

妊娠初期はつわりによる食事量の減少や、体調不良による生活リズムの乱れ・疲労の蓄積によって睡眠不足に陥る妊婦さんが多くなります。

母体の睡眠とは別にお腹の赤ちゃんは自分のペースで睡眠しているため、睡眠不足自体は赤ちゃんに影響はありません。

ただし睡眠不足による疲労蓄積でストレスがたまると自律神経やホルモンバランスのさらなる乱れにつながり、母体にも赤ちゃんにも様々な悪影響を及ぼすので注意が必要です。

ストレスが母体に与える影響は?
ストレスで身体が緊張状態となり血管収縮することで血流が悪くなり、赤ちゃんの発育不全になる場合があります。
発育不全になることで早産や流産の大きな原因となってしまいます。
ストレスが赤ちゃんに及ぼす影響は?
ストレスにより発生する「コルチゾール」というホルモンはアレルギーの発症確立を高めるとの研究データがあります。
その結果、喘息やアトピーの発症リスクがあがってしまいます。

コルチゾールは、脳神経の発達にも悪影響を及ぼし、注意欠陥・多動性障害(ADHD)や情緒不安定、夜泣き、うつ病などの引き金になるとも考えられています。
妊娠初期は、急激な女性ホルモンバランスの変化によってもともとホルモンバランスが崩れやすい状態にあります。

さらに、妊娠・出産、身体の変化への不安などストレスを感じやすい状態となっています。

ストレスによって母子ともに悪影響を受けないよう、妊娠中に取り組めるストレス発散方法をみつけることは妊娠初期において重要です。
◆妊娠初期に気をつけたいことベスト3 喫煙

 

百害あって一利なしのタバコですが、妊娠が発覚したら速やかに禁煙する必要があります。

なぜならタバコに含まれるニコチンが赤ちゃんの成長に以下のような多大なる悪影響を与えるからです。

たばこが与える赤ちゃんへのリスク
・流産・早産のリスクが約2倍上昇
・24週以降の死産確率が約1.4倍上昇
・低体重児・奇形児が生まれる確率が上昇
・子宮内胎児発達遅延(IUGR)
 胎児の発育が不十分となり子宮内での死亡率上昇
・乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症率が2〜4倍上昇
また、家族や周りの人が吸ったタバコの煙を吸う「受動喫煙」によって同様の悪影響を受けることもあります

分煙を心掛けタバコを吸う人の近くにいかないよう気を付けましょう。
◆妊娠初期に気をつけたいことベスト4 飲酒

 

妊娠中に飲酒をすると、血液や胎盤を通じ赤ちゃんにもアルコールが届けられてしまいます。

アルコールに対する免疫がない赤ちゃんが大量のアルコールを摂取すると「胎児性アルコール症候群」と呼ばれる先天性疾患になるリスクが高まります。

・発達の遅れ
・中枢神経の異常、多動性障害(ADHD)、注意欠陥
・容姿に影響、小頭症(頭が小さい)、特徴的な顔貌
・脳の障害

などの症状が発症してしまいますので、妊娠が発覚した時点からお酒は控えるようにしましょう。
◆妊娠初期に気をつけたいことベスト5  カフェイン
妊娠中は流産のリスクを回避するためコーヒーや緑茶などカフェインを多く含む飲み物を避けることが望ましいです。

カフェインを一日200r以上飲む妊婦さんは、そうではない妊婦さんに比べ2倍ほど流産の確率が高まってしまいます。

◆飲み物100rのカフェイン量◆

飲み物

カフェイン量

玉露

160r

コーヒー 

60r

紅茶

30r

ウーロン茶

煎茶

20r

となっており、コーヒーなら小さめのカップで一日約3杯分で200mgほどになります。

カフェインといえばコーヒーを想像をする方が多いと思いますが、玉露にもカフェインが多く含まれるため注意が必要になります。

とは言うものの、コーヒー好きな妊婦さんもたくさんいるかと思います。

そのようなときはノンカフェインコーヒーを上手に活用するようにしましょう。

最近では、おいしいノンカフェインコーヒーが増えていますのでおすすめです。

カフェインが妊婦さんや赤ちゃんに及ぼすリスクはたくさんあります。

 

・妊娠中必須の鉄分やカルシウムの球種を阻害
・赤ちゃんに胎盤を通じて届けられるが、まだ未熟な体では代謝ができず負担になる
・血管収縮作用があるため胎盤への血流量低下を引き起こし、赤ちゃんの発育に悪影響を及ぼす

 

このようなリスクがありますので、赤ちゃんへのリスクを減らすためにもカフェインの摂取に注意を払うようにしましょう。

ちなみにプレママポストとして、妊婦さんに一押しの飲み物はルイボスティです。

ノンカフェインに加えて鉄分・カルシウムなどミネラル分が豊富に含まれているので妊娠初期から出産まで、授乳中にもぜひ飲んでほしい飲み物の1つです。

妊娠初期に採るべき必須栄養素ランキング

妊娠中は胎盤を通じて赤ちゃんに栄養が送り届けられますので、規則正しい食事を三食バランスよく食べしっかりと栄養分を摂るのが基本中の基本になります。

中でも、赤ちゃんの発育に欠くことのできな必須栄養素がいくつかありますので重要な順番からランキング形式でご紹介します。

妊娠初期に摂るべき栄養素NO1:葉酸
妊娠初期に摂るべき栄養素NO2: 鉄分
妊娠初期に摂るべき栄養素NO3: カルシウム
妊娠初期に摂るべき栄養素NO4: タンパク質

◆妊娠初期に摂るべき栄養素NO1:葉酸

 

葉酸は厚生労働省が妊娠初期に一日当たり400μg摂取することを推奨している必須成分です。

妊娠初期に葉酸を摂取することで赤ちゃんに「先天性神経管閉鎖障害」が発生するリスクを70%も下げることができます。

妊娠初期は、細胞分裂期と呼ばれ赤ちゃんの脳や内臓、脊髄などの重要な臓器が作られる大切な期間です。

葉酸には細胞分裂を促進する作用があり、妊娠初期には特に大きく消費されます。そのため、積極的な葉酸の摂取が必要不可欠となります。

また、出産後母乳をあげるようになってからも、赤ちゃんの成長のために欠かすことのできない成分ですので、妊娠、出産、産後とすべての期間においてしっかりと補う必要のある成分です。

葉酸を摂取することで、ストレスが起因となり分泌されるノルアドレナリンを抑制することができ、精神を安定させる効果のある「セロトニン」を作ることができます。

妊娠初期に気をつけたいストレスの解消にもつながりますので積極的に摂取しましょう。

また、葉酸不足は血液中の赤血球が減少による葉酸欠乏性の貧血を引き起こす可能性もありますので特に注意が必要な栄養素です。
◆妊娠初期に摂るべき栄養素NO2:鉄分

 

妊娠中は、非妊娠時の1.7倍もの鉄分が必要とされますので積極的な摂取が必要となります。

妊娠中、胎盤を通じて赤ちゃんに優先的に血液が送られるため血液の量が30〜50%増えるとされており大量の鉄分を消費します。

そのため血液中の鉄分が不足し、多くの妊婦さんが「妊婦貧血」と呼ばれる鉄分不足による鉄欠乏性貧血に陥ります。

鉄分不足は、赤ちゃんに酸素や栄養が十分に届かなくなり発育に影響でる、流産や早産、未熟児の原因に繋がっていきます。

また、貧血状態になることでめまいや立ちくらみが起き転倒、お腹の赤ちゃん危険に晒すリスクも高まります。

ただし1点、妊娠初期の鉄分補給で気をつけたいことがあります。

それは、レバーの摂取です。

レバーは、鉄分豊富な代表的な食材ですが、動物性に多く含まれるビタミンA(レチノール)も多く含有しています。

ビタミンAは脂溶性のビタミンで過剰に摂取した場合体内に蓄積されやすく、赤ちゃんが奇形になるリスクが高まってしまいます。
◆妊娠初期に摂るべき栄養素NO3:カルシウム

 

赤ちゃんの歯や骨の元となり、血液の重要な成分となるカルシウムは欠くことのできない大切な栄養素なので、妊娠中は通常1日600r必要なのに対し、1.5倍の900rが必要になります。

ちなみに産後授乳期にはあらに必要となり1,100r必要になります。

カルシウムが不足することで高まるリスクは、
・骨密度が低下し、産後骨粗しょう症のリスクが高まる
・産後、歯がもろくなり抜けてしまうことがある
婦高血圧症の発症リスクが高まる
・イライラしやすくなる
・肩こりがひどくなる
このような症状が起こり赤ちゃんの骨ももろくなってしまう危険もあります。ですので、妊娠初期から積極的なカルシウムの摂取を心がけましょう。

妊婦高血圧症になると、母子ともに危険な状態となるため帝王切開や早産・未熟児出産が多くなりますのでリスクを回避するためにも意識してカルシウム不足にならないよう心がけましょう

さらにマグネシウムやビタミンD、良質なタンパク質を同時に摂取することでカルシウムの吸収率を高めることができます。

ただし、カルシウムの過剰摂取は、鉄分の吸収阻害につながります。

1日の上限量2,300rを超えないよう気を付けることも妊娠中には大切です。
◆妊娠初期に摂るべき栄養素NO4:タンパク質

 

身体の主成分であり赤ちゃんの髪の毛や皮膚、脳・爪が作られる際に欠かすことのできない成分がタンパク質です。

身体の中の酵素やホルモンが作られる素でもあり、欠くことのできない重要な成分です。

非妊娠時は体重1キロ当たり1〜1.5g必要とされますが、妊娠中は1.2〜2gほど必要になります。

タンパク質は、卵や肉・魚・大豆などに幅広く含まれています。

豆腐は、植物性たんぱく質が豊富でさっぱりした食材のため、妊娠初期のつわり期でも取り入れることのできる食材です。

妊娠月齢が進み、体重管理が必要となる時期も低カロリーで栄養豊富な優れた食材です。

カルシウムや鉄分の吸収を高める働きもありますので、カルシウムや鉄分を多く含む食材と一緒に摂ることがおすすめです

妊娠初期の葉酸の摂取は葉酸サプリがおすすめ

妊娠初期に欠かすことのできない栄養素NO1の葉酸を効率的に補うには、食事のみに頼らず葉酸サプリを活用することをおすすめします。

妊娠初期に葉酸サプリの活用を勧めるには3つの理由があります。

 

【理由1】 吸収率が高い
【理由2】 厚生労働省も摂取を推奨している
【理由3】つわり対策、またつわり中でも補える

 

1つずつ説明していきます。

葉酸サプリを勧める理由1:吸収率が高い

 

葉酸は身近にあるほうれん草やブロッコリー、モロヘイヤ、納豆、牡蠣などに多く含まれる成分ですが以下の致命的な欠点を持っています。

葉酸の欠点1:熱に弱い
葉酸の欠点2:水溶性で水に溶けだしやすい
この2点の致命的な欠点により、食事の調理段階で主成分の50%失われてしまいます。

さらに、体内での吸収率もとても低く食事だけで必要量を満たすことがとても難しいとされる成分の1つです。

葉酸サプリには、このような欠点はなく確実に妊娠中の必要量を補うことができます。
葉酸サプリを勧める理由2:厚生労働省も摂取を推奨

 

葉酸の食事による吸収率の低さを憂慮して、厚生労働省や産婦人科医も葉酸サプリの活用を推奨しています。
厚生労働省の「妊産婦のための食生活指針」(平成18年2月)に神経管閉鎖障害リスク低減のために食品からの摂取に加えて栄養補助食品(サプリ)から一日400μg(0.4r)の摂取で一定の効果があることが記載されています
葉酸サプリを勧める理由3:つわり対策として優秀
葉酸は妊娠初期に必須の成分のため、人気の葉酸サプリはつわりに悩まされる妊婦さんでも飲みやすいよう小粒化や、匂いや味なくすコーティングなど様々な工夫が施されています。

また、葉酸サプリは医薬品ではないため服用時間の縛りもなく、つわりの落ち着いた自分の好きなタイミングで飲むことができます。

妊婦用の葉酸サプリには吸収率を高めるための工夫としてビタミンB6が同時に配合されている商品が多くあります。

ビタミンB6は、つわりの症状を軽減する効果があることが分かっており、病院やクリニックでのつわり対策の点滴にも使用されることもあります。

ビタミンB6以外にも、鉄分やカルシウム、タンパク質など妊娠初期に必要な栄養素が凝縮している優秀な妊娠初期サプリが多く発売されています。

有効活用して、お腹のなかの赤ちゃんと自分自身にしっかりと栄養を補給してあげてください。

何を基準に選ぶ?失敗しない葉酸サプリ選び方

葉酸サプリには膨大な数の商品があり、何を基準に、どれを選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

妊婦さんが口にしたものは直接お腹のあかちゃんに届きますので失敗だけはしたくないですし、安心で信頼できる商品だけを使いたいものです。

失敗しない葉酸サプリを選ぶために最低限これだけは覚えておきたいポイントを4つまとめましたので、商品選びの参考にしてみてください。

★ポイント1  推奨摂取量を補えること
★ポイント2  モノグルタミン酸型葉酸サプリであること
★ポイント3  化学合成成分無添加であること
★ポイント4  鉄分・カルシウム・ビタミンB6も同時に摂取できること

★ポイント1 推奨摂取量を補えること

 

厚生労働省が推奨する妊娠初期の一日の葉酸摂取量目安400μgをしっかりとカバーした商品を選ぶことは妊娠初期の葉酸サプリ選びの必須条件です。

足りない栄養量を補うために購入するのに、1日に必要な摂取量に満たなければ本末転倒となってしまいます。

必要量を漏らさず摂れるものを選ぶようにしましょう。
★ポイント2  モノグルタミン酸型葉酸サプリであること

 

葉酸には大きく分けてポリグルタミン酸型の葉酸とモノグルタミン酸型の葉酸の2つの種類があります。

サプリに含まれている葉酸が厚生労働省も推奨する吸収されやすいモノグルタミン酸型であることが大切です。
ポリグルタミン酸葉酸(天然葉酸)って?
野菜など食品の多くに含まれる天然の葉酸。小腸でモノグルタミンサン葉酸に変換されてから吸収されるため、消化・吸収率が低い特性を持つ。
モノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)って?
葉酸を吸収されやすい形に加工・合成したもの葉酸。吸収率が85%と高く、モノグルタミン酸型葉酸を摂取することで神経管閉鎖障害のリスクが低減するとの研究結果が出ていることから厚生労働省も摂取を推奨しています。
より確実に葉酸を吸収するためには、最初から吸収されやすい形に合成してあるモノグルタミン酸型葉酸を選ぶことが大切です。

モノグルタミン酸型の葉酸サプリメントを選ぶ際には、合成に使用される原料がしっかり明記され、天然由来の成分使用で安心なものを選ぶことが大切です。

安価で売られているものの中には、原料の品質や安全性に疑問があるものも多くありますので原料や由来表記はしっかりと確認をするようにしましょう。
★ポイント3 化学合成成分無添加であること

 

生まれてくる赤ちゃんやママの健康のことを考慮し、毎日飲むサプリメントは化学合成成分無添加で安心して飲めるものを選ぶのが理想です。

葉酸サプリの中には食品添加物や保存料、着色料、香料などが含まれているものもありますのでしっかりと確認しましょう。

添加物を妊娠中に多く摂取すると、赤ちゃんの喘息やアトピーの発症確立が高まるとのデータも公表されています。

さらに、厳しい安全審査基準持つGMP認証の工場で生産されている葉酸サプリを選ぶことで、より高い安全性を求めることができます。

福島の原発事故以降、残留放射能(セシウム)のリスクも気になる方もいるかもしれません。

そのような方は、残留放射能検査の有無も公式ページで確認するようにしましょう。
★ポイント4 鉄分・カルシウム・ビタミンB6も同時に摂取できること

 

せっかくサプリを購入するのであれば、葉酸だけではなく妊娠初期から出産、授乳中までに不足がちとなる栄養素を幅広く高配合している商品がおすすめです。

妊娠初期におすすめの葉酸サプリランキング

ここでは、妊娠初期におすすめの葉酸サプリをランキング形式でご紹介します。
成分や製法、価格、安全性、口コミ評価などを総合的に判断し、自信をもっておすすめできるものばかりなので是非商品選びの参考にご活用ください!

ランキング第1位:ベルタ葉酸サプリ
ベルタ葉酸
価格 1日当たりのコスト 特典
3,980円 約133円 定期購入申込で送料無料、33%オフ
ベルタ葉酸は、モノグルタミン酸葉酸100%配合の人気実力ともにナンバー1のサプリです。合成化学物質不使用で、残留農薬や放射能検査も厳しい基準の元実施!妊娠中でも副作用の心配なく安心して飲むことができる高品質なサプリです。妊娠中不足しがちな鉄分やカルシウムが同時に摂取できるだけでなく、ビタミン・ミネラル・美容成等を豊富に配合。過剰摂取が心配なビタミンAなど脂溶性ビタミンの配合は最小にし妊婦さんの健康維持にとことんこだわっているのも人気の秘密です。出産経験のあるスタッフによるサポート体制が充実しているのもうれしいポイントです!


ランキング第2位:はぐくみ葉酸
はぐくみ葉酸
価格 1日当たりのコスト 特典
1,980円(初回) 約66円 初回購入限定71%割引・送料無料 10日間返金保証
有機オーガニックレモン由来のモノグルタミン酸型葉酸配合のはぐくみ葉酸。葉酸以外に配合される鉄やビタミン類も国産野菜22種類を原料にするなど、自然由来の成分にとことんこだわって作られています。栄養のプロフェッショナルである管理栄養士による食事サポートが受けられるのも、日々変化する体調に不安を感じやすい妊婦さんから人気の秘密です。初回限定71%オフで購入でき、10日間返金も可能なので初めてでも気軽にお試ししやすいのも魅力です。
ランキング第3位:葉酸サプリ
AFC葉酸
価格 送料 特典
800円 60円 新規購入時送料無料、2回目以降も送料無料キャンペーン中
定期購入の設定はないですが、定価も安くコスパがよいのでお財布にやさしく続けやすいのが魅力のAFC葉酸サプリ。まとめ購入でさらにお得に購入することができます。主成分には吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を使用しています。他サプリに比べて配合されている他の栄養素は少な目ですが、妊娠中不足しがちな鉄分とカルシウムを補うことが可能です。「日本人の食事摂取基準2015」の推奨量を参考に成分配合量を決定し、公式サイトには各栄養素の配合量、最終加工国、成分試験結果がすべて公表されているので安心して飲めるのも人気の理由です。

一押しの妊娠初期サプリはベルタ葉酸サプリに決まり

妊娠初期におすすめの人気の葉酸サプリを比較検証した結果

以上のポイントで多くの女性から支持されているベルタ葉酸サプリが一押しサプリに決定です!

ベルタ葉酸サプリは、定期購入の場合6か月の継続購入が条件となっているので、それがネックになっているという声も見受けられます。
妊娠してから出産後授乳期まで長期間にわたり葉酸サプリは必須ですから、購入条件である6か月は最低でも使う必要のある期間です。色々試してみるよりは、数ある葉酸サプリの中でも一番機能的で安全なベルタ葉酸サプリに決めて、定期購入で継続購入するのが最終的にはコスパもよいですしおすすめです!

※万が一体質に合わない場合にも、定価と定期金額の差額のお支払いは必要になりますが定期コースの解約も可能です

口コミのを見ても多くの方が、安全性や栄養価の高さを評価しています。

悪い口コミとして飲みにくさについての声が上がっていましたが、感じ方には個人差がありますが他のサプリと比較してベルタ葉酸サプリは小さめの部類になります。

つわりがきつくてもしベルタ葉酸サプリが飲みにくいと感じた方は、他の葉酸サプリも飲むのが難しいことが想定されます。

より詳細な情報は公式サイトをご確認ください!